2006年03月21日

ありがとうWBC−おめでとう日本!世界一!!

日本世界一!!

感動しました! ちょっと泣いちゃったかも!!
うれしい!!感動をありがとう!!

==========================

メキシコがアメリカに勝ち、準決勝に進出するまでは、誤審とか、イチローの発言を歪曲して報道した韓国メディアのおかげで必要以上に感情的になった韓国選手&ファンしか話題がなかったが、俺はかなり興奮して1次予選からTV観戦してました。

何が面白いって、1番から9番までと出る投手全てが日本最高の選手達で固められ、1球も気を抜けないピンと張り詰めた緊張感の中で彼らが真剣に勝利を目指して全力を尽くす。 こんなに興奮して野球を見たのは初めてだった!

日本は圧倒的な投手力と粘っこいプレーが目立った。失点率が少ないということで準決勝に進出できたわけだし、得点は取れなかった回でも惜しい場面は炊くさんあり、特に西岡、川崎がすばらしい活躍をしてくれたと思う。

アメリカの2次予選敗退は、NBA選手で固めたバルセロナ五輪のドリームチーム以降五輪24連勝を飾った事実から、明らかになめていたし、他国に比べて慢心と準備不足が目立った。でもあの世界最高峰のリーグのMLBを有するアメリカでも、ベストを尽くさなければ足をすくわれる。アメリカには次回以降さらに強力な布陣で臨んできてもらうことで、活性化を図ってもらいたい。

韓国の投手陣には驚いた。日本が勝った準決勝だって7回までは0点だった訳だし、何よりもメジャー選手が全員戻ってきた愛国心の強さを感じた。歴史が浅い韓国野球界がこんなに力をつけてるとは、日本もうかうかしていられない。すごく強かったと思う。ただ、反日感情が違う意味でむき出しで、ちょっと見苦しさを感じた。後負けたときのコメントや潔さのなさ、ここら辺の美学は日本と決定的に違うところだな。決して韓国を嫌っているわけではないだけに残念。準決勝の9回、イチローがファールフライで倒れたあと、ベンチに戻る時に韓国のサードは、ボールをイチローの足元に故意に転がしたらしい。ボールを足元に転がすと、そのボールを踏んで捻挫をする危険があり、完全にマナー違反。ここら辺は、ちょっと腹立たしい。

そしてイチロー。普段冷静なのに、「おいおい」っていうくらい感情をむき出しにして、泥臭く、でも、日本人としてうれしかった。やはり愛国心というものはあるわけで、すばらしいプレーヤーがひたむきにプレーをするその姿に感動した。

是非次回も楽しみにして、今度はもっともっと参加したほかの国のことも勉強して、ファン交流が深まっていけばいいと思いました。

ありがとう!選手達!


posted by でーひー at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15195159

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。