2007年12月17日

「さっぱり分からない」

あんちゃん


の福山雅治、、相変わらず若いね。

ドラマのガリレオ、面白いね。
物事には必ず因果関係がある、
仮説の段階で検証しなければならない、
といった、論理思考的な単語がバシバシでて、ややもすると軽薄なドラマになりがちなところを、きっちりと視覚で実験結果を見せる事で、「あ、本当に因果関係あるんだ」「実験って確かに検証手段として説得力あるよなぁ」と上手く映像化している。

思考停止に落ちいりがちな人間心理を刑事役 柴咲コウが担当することでいかに思考停止が真実の発見を妨げるか、ということを上手く描写しているところは、自分の戒めにもなる。(まあ実際にはこんなに単純な刑事はいないだろうが、ストーカー殺人などの対応の遅さを考えると意外と彼らの事件に対する深堀りはこれくらいなのかも)

昔友人で超頭がいいW氏が、物理を使った現象の説明を英語の授業中にこそっと教えてくれてたまげた事があったが、もし、あの時にもう少し興味を持っていれば、僕の論理思考も少しはましだったかもしれない。

理系離れが進んでいて将来の技術者候補が減る懸念を抱いている昨今、理系の先生方はこの波を上手く利用しない手はなく、改めて実験の面白さ、論理思考の幅の広さを伝える良い機会ではないでしょうか。

追伸:僕の高校は受験受験で校長先生の一存で実験を削りやがったどうしようもない高校でした。その中で孤軍奮闘して実験を数回の課外授業として勝ち取った少林寺拳法の達人の物理の先生、あなたは偉大です。
posted by でーひー at 09:39| ニューヨーク ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース、時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

その少林寺拳法の物理の先生、誰か想像つきません。物理と言えば浮かぶのは一人しかいないのですが・・・あの方ですかね。
Posted by Penguin at 2007年12月21日 02:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。