2009年03月15日

ビッグファーマ

最近月1で通っている、臨床医の先生による疾患勉強会で出てきた本。



今後製薬会社を目指そうと言う人は必読です。
posted by でーひー at 13:56| ニューヨーク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

経営のプロ

MBAを取得して早2ヶ月、新しい仕事も1ヶ月が経ち、徐々に会社の雰囲気にも慣れてきました。

そして最近読んでいるのがこの本のシリーズ。


現在ミスミグループ社長の三枝さん(スタンフォードMBA,元BCG)が、コンサルティングや実際に経営に携わった企業の話を元に書かれた物語です。

単なる戦略や経営の知識、だけじゃなくてリーダーとして経営のプロ(特に戦略を実行に移す部分のリーダーシップ)について、物語形式で書かれています。自分が目指す経営のプロとして何を意識しなければならないのか、という点で感銘を受けました。

今いる組織に悩んでいる方、会社を変えていこうと思っているが、どうしたらいいか分からない方、経営者の抱える悩みを知りたい、と言う方は、ぜひ一読される事をオススメします。
posted by でーひー at 23:39| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

現代人の・・・

必読書かもしれません。僕もここら辺はユーザーに徹してきたのですが、これらの考え方を使って何か新しいサービスを作る側になりたい、、、そう思います。









posted by でーひー at 15:01| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

これ読みたい

この本の作者でもある渡辺千賀さんのブログ、、面白いんです。http://www.chikawatanabe.com/blog/

シリコンバレーで一度でいいから働いてみたい、、、、IT以外でなにかあるか?

posted by でーひー at 09:57| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

江戸中の人へ



ふと思うことがあり、論語物語を読みました。

中学のとき、毎週月曜日の朝30分、校長先生がこれを教材に訓話をし、感想を書くという教育を受けてましたが、すごく嫌いでした。

でもね、今、特に迷いがあるとき、どう生きようかと考えているときに読み直すと

すごくいい

「富める子貢」
とか
「自らを限るもの」
とか、

1人の人間としてどのような志で、なにを拠り所にして生きるべきか、仕事とはなにか、改めて考える指針を与えられた気がします。

僕と同じ中学出身の人もそうでない人も、もし悩んだり、迷ったりしているのであれば、ぜひもう一度読んでみる価値があると思います。



posted by でーひー at 04:00| ワシントンDC 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

最近のマイブーム

浅田次郎です。

鉄道員(ぽっぽや)の作者ですが、多彩な経歴と、この軽妙ではあるが、しっかりとした文才と時折見せる偏った考えと、小説に対する純粋な気持ちとがバランスよくミックスされた非常に面白い作家だと今更ながら気付きました。

これはエッセーです。

posted by でーひー at 13:25| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラハの春

冬休み怒涛のように本を読んで妻からはBookworm(本の虫)とからかわれております。

プラハの春:いわずと知れた名作です。風光明媚なチェコですが、内戦などもありましたし、非常に複雑な歴史があることを忘れてはいけません。

 

posted by でーひー at 13:21| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ブラックショールズ??



この本の特徴は
「金融工学といったって、所詮は人間の損得勘定に基づき判断できるはずだ」
という信念。

難しい理論を直感的にかつ実践的に用いることが出来るよう、でも大切な説明は数式を言葉に置き換え、分かりやすく伝えていて、MBAに行く前の基礎知識をつける本としては、かなり良書です。

ちなみに私は理系です。でも大学の時ブラックショールズを勉強した時はさっぱり分かりませんでした。

今も財務部にはいるけれどもデリバティブ等はあまり使わないので、金融工学に触れる機会が少ないので・・・・・

まずは直感で理解し、その後きちんとした理論を抑えていくための入門書としては最適ですね。
posted by でーひー at 21:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

Excel

今日は本の紹介です。

留学したらモデリングをいっぱいやらされそうなので、とりあえず、Excelを復習しようと思って以下の2冊を購入しました。



↑Decision Scienceということで、回帰分析・統計分析・線形計画法・ゲーム理論まで幅広くカバーしていて、難しい教科書ではイメージが沸きにくい分野をわかりやすく解説しています。


続いて、


↑この手の本はいろいろありますが、いろいろ立ち読みして決めました。内容が濃く、例題も適度にあり、比較的中級者(仕事で多少はエクセルを使っている)向けだと思います。
こういう機能や関数の使い方があったんだなぁと新鮮な驚き。

これで、きっとMBAのサマースクール行かなくて済むでしょう。節約節約。銀行


posted by でーひー at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

継続は・・・・



最近は大前研一の考える技術を読んでるね。コンサルタント的思考を鍛える為には、例えば電車のつり革広告の新商品について、市場規模や競合など、仮説は何か、検証する為にはどのようなデータ分析が必要かということを考える練習をしたらしい。
毎朝新聞の一面のニュースで、裏に何があるのか、ということを考えるのも分析力を鍛える為には役に立つトレーニング。でもこれは毎日継続しないと駄目。 難しいけどね.

posted by でーひー at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

プレゼン力を向上したい

いつも上司に説明するチャートがわかりにくいので、思い切ってプレゼンチャートの作り方を基礎から見直してみようと思って
マッキンゼー流図解の技術を購入した。 なかなか良い.当たり前だと思っていた5種類のチャート(パイチャート、コラムチャートなど)をどのような場面で使うべきか、チャート選択から適用までの過程を論理的に書いてあってとてもよい.これを学生時代に学んでおけば・・・・  しかし最近の戦略コンサル本はおおはやりだなぁ. 
posted by でーひー at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

大前研一



posted by でーひー at 14:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBA関連



posted by でーひー at 14:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBA関連



posted by でーひー at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazon アマゾン アマゾン



posted by でーひー at 14:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。