2009年09月15日

夜の歌舞伎町

汗だくで自転車を飛ばしてきました。

さすがに昨日の今日で、Runは足に負担がかかりそうなので、
バイクで自宅から方南通りー→新宿通り→神楽坂→市ヶ谷→靖国通り→方南通りと計19km、50分程度でかるーく体をほぐしてきました。

ウソ。

さすがに足がつりそうでした。

まだまだだなぁ・・・・

明日は泳ぐ予定@東京体育館またはエスフォルタ水道橋。
ただし仕事が早く終われば、ですが。

昼休みにトライアスロンまでの練習について書いてあるHPを読んでたら、準備には3か月と書いてありショック。
まあ、去年から泳いでたけどさ。
ここ2ヶ月は、まともに練習してないからさ。

っていうか週2回およいで、週3回走って、週1回バイクで20km以上も練習できる社会人がいるのでしょうか?
posted by でーひー at 00:14| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

完走(ほぼ

流行りものに飛びついた私はトライアスロンに10月に参加することになってしまいました。

一応年初の目標にはしていたのですが、仕事の影響で6−8月は練習できず、今週からトレーニング再開。

平日3日走り、今日はいちおう3種目やってみました。(スプリントとオリンピックディスタンスの中間くらいな感じですが・・)

Swim:1.5km (150m x 1, 200m x 1, 1000m x 1, 150m x 1のペース)
Bike: 37km (2km x 1, 35km x 1)
Run: 5km (5km x 1)  10kmはしりたかったけどいきなりだと怪我しそうなので断念。

かなり疲れたけど思ったよりはいける感じ。
そして3種目それぞれ違った楽しさがある!

準備期間は少ないですが、頑張ります。
posted by でーひー at 00:44| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のはまり〜Jazzい

ジャズにハマってます。っていうか上原ひろみにハマってます。


実は小説「ハゲタカ」で鷲津政彦が車で日光に夜飛ばしているときに聞いているアーティストとして上原ひろみが出ていて、それで知り、TVの特集でNYのBlue Note(たぶん)でも大人気だという特集で本人を見てから生で聴きたい!と思っていました。

6月にチケットを入手して、9/5には東京国際フォーラムで東京Jazz Festivalでようやく実現!すごかったー!一瞬で観客を引き込み最後まで感情や空想力を刺激されながら、あっというまに終わった1時間。さいこーでした。

ミーハーではありますが、ぜひ、聴いてみていただきたいアーティストです。秋〜冬のJapan Tour,優先予約の抽選外れた…もうやだ〜(悲しい顔)

最新アルバム↓


鷲津さんも聞いていたXYZは1曲目↓


これもいいよ〜↓



posted by でーひー at 00:23| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

卒業後1年

昨日、大学の先輩で外資コンサル→社長→独立コンサルの経歴を持ち、週末に若手のやる気のあるメンバーを集めたプチビジネススクール(PBS)に招かれ、MBAとその後のキャリアについてのぶっちゃけトークをしてきました。

正直まだ卒業後に何の実績も残していない私が語るのもおこがましいとも思いましたが、キャリア形成の為になれば、ということと、自分も冷静に振り返ってみる良い機会になりました。

やはり、MBAの2年間は非常に大きな財産になっており、「リーダーたれ」の精神を強く教わったなぁ、ということを感じました。

質問の1つに
「MBA卒業生が社会に増えていく中で、その価値は陳腐化するのか、それとも取得が当たり前になっていくのか?」という質問がありました。

議論の中から出てきたひとつの方向は、今後MBAは当たり前になってくる一方で、取得の方法や同じ知識を得る場も多様化してくるであろう、ということ。 これってつまり欧米のビジネススクールの相対的バリューが下がってくるということで、国内のビジネススクールにとってはキャッチアップの良いチャンスともいえそうだ。 
posted by でーひー at 10:48| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA Course | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ビッグファーマ

最近月1で通っている、臨床医の先生による疾患勉強会で出てきた本。



今後製薬会社を目指そうと言う人は必読です。
posted by でーひー at 13:56| ニューヨーク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

ブログテーマ変更

いやはや、MBAで2年間がっつり勉強したと思ったのに、まだまだ人生勉強しなきゃならん事が多いようです。

ということで、このブログテーマを
「ポストMBAの勉強法 (又は、30代の勉強法)に変えていきたいと思います。

勉強テーマは、
ビジネス
語学(スピーチ、プレゼンテーション、表現方法)
ゴルフ

この30代にとって黄金の3本柱で。

よろしくお願いします。

まずは、こちらの本は、MBAが何ぼのもんじゃい、プロのマネジャーとはこういうことだ!という気概を持たせてくれる一冊。 
僕も折に触れ読み直しています。




あとは、こちらは定番ですが、あらためて「テクニックじゃない経営の真髄」を見直すのには、最高です。



そして、語学、特にネイティブのような自然な英語を書きたい、と思う方は、こちらでネイティブスピーカーの基本ルールを学習しましょう。


posted by でーひー at 12:27| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストMBAの勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

半年

転職して半年が過ぎました。

異業界
(大きい意味でファイナンス系とはいえ)異職種
異カルチャー
異ビジネスモデル

と半年間は毎日毎日本当に新しい事を覚えていかなければならないなかで、MBAで学んだリーダーとしての心構え、マネジメント手法と、現実の人間関係・社内政治・理論と現実のギャップ・エクセルスキルの足りなさとケアレスミスの蓄積など、半年間はかなりもがいて全く先に進んでいるような気がしません。

一方、よく思い出すことは、DardenのAlec HornimanのLeading Strategic Changeで出てきたゆでガエルの話。熱湯に蛙を入れると飛び出しちゃうけど、徐々に暖めていくと最後は熱湯になるまで気づかず、死んでしまうという有名なフレーズ。

前の会社は世界一の大会社の一つで社内システムや規律が相当コントロールされていて、面白くは無いが、安心して働ける場所。ぬるま湯。

今の会社はここ10年でようやく伸びたがまだまだ図体の大きい中小企業。システムは未完成で毎日手探り状態。でもある意味現状に問題がないと思っている風潮もあり変化を嫌がる気配もある。

変化の過程には、相手の態度は、
Denial->Anger->Bargaining->Depression->Integration(Acceptance)
の5段階を経るといいます。

今はまだDenial。
この状態を以下に根気強く自分の仮説を検証し、周囲を巻き込んでより良い状態に変えていけるか考えつつ、まずは、自分の欠点のケアレスミスが多いところ、勇み足を踏む所を注意し、

Make haste slowly(いそがば回れ)で、大局を見失わず、小事を疎かにせず、一歩一歩進んで行きたいと思います。


なお、本ブログは、更新頻度がすでにかなり落ちており、また、対象がMBA時代の経験を発信する目的でありその目的も達成したため、本エントリで一旦休止したいと思います。

つたない内容、未熟な分析であったにもかかわらず、いままで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

MBAを志す皆さん!ダーデンはランキングは落ちてきましたが、それでは図れない明らかにニッチの雄である素晴らしい学校です。もちろんご自身がフィットする学校が一番ですが、単純にランキングだけで判断せず、MBAで学ぶ意味とプログラムとを比較し、良い選択をしてください。

それでは!


posted by でーひー at 12:28| ニューヨーク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

いまこそ「知」を買う

円高の今、何をすべきか。

海外旅行、ブランドバッグを買う、

それもいいけど、日本経済へのインパクトは旅行会社・航空会社くらいのもの。

そこで言いたい。

今こそ海外に留学や、研究などで「知」を買うべきではないだろうか?

理由@僕が留学した時の平均ドル円は118円。今は95円程度。
2年間の学費と生活費で、もしいまの為替で換算すると400万円くらい安く留学できる。正直僕の払った費用を払ってまでMBAに行く価値があるかは分からないが、今の為替レベルなら十分行く価値はあると断言できる。(不況による就職難はあるが、優秀な人材を求めるマーケットはかならずある)

理由Aアメリカでは不況になるとMBAなどの学生が増える。どうせ職はないし、給与をあきらめ学生でいることの機会損失も少ないだろうからそれを機会にステップアップというひとが増えるからだ。学生が増えれば、優秀な人や面白い経歴の学生も増え、友人から受ける刺激も受ける。また世界中から頭脳はいまだにアメリカに集まっている事は事実で、取って代わる国はまだない。

理由Bなんだかんだいってもアメリカ経済はでかい。また、ゼロから何かを作り出すパワーやリスクを積極的にとるフロンティア精神は、日本を凌駕していると感じる部分も多い。金融が今回の危機を作り出したが、投資銀行が行ってきたリスクへの積極的な投資(たとえばGSのつぶれかかったゴルフ場の再生など)やPEは、金融は経済の血液としての役割を十分に果たしてきたと思う。それを学び、自分自身で功罪を評価できる。


以上の理由から、輸出不況なら積極的に教育や知を輸入し、自分の能力ひいては、国力を高める為の長期戦略に基づき行動を起こす、千載一遇のチャンスなのでは、とつと思う。
posted by でーひー at 10:03| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA Course | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

UVA Undergraduate

http://images.businessweek.com/ss/08/02/0228_top50_bschools/index_01.htm?chan=rss_topSlideShows_ssi_5

University of VirginiaがBusiness Weekで大学(Undergraduate)のビジネススクールがUSでWhartonに続きNo2と評価されています。結構毎年Top5には入るんだよね・・・ Dardenも頑張って欲しい。
posted by でーひー at 23:10| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA Course | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

直撃

リーマンネタではありません。

今週末せっかく休みを取って、四国に行こうと思ったのに、台風直撃ってどういうことですか?

しかも進路をぐわーっと日本方面に変え、時速15km程度でゆっくり進むとは、なんて嫌な奴。

結構にならない事を祈るとともに四万十川の水が台風直後でにごりすぎていない事もあわせて祈ります。
posted by でーひー at 22:37| ニューヨーク ☀| Comment(1) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。